垂木あらわし天井の家blog

edit background


美装が終わり
できたてほやほやの内部がコチラッ↓

倉敷市に建築中の注文住宅、鉄骨のリビング階段がある広々としたリビング

倉敷市に建築中の注文住宅、

おほーーー(*´Д`)
タイトルにもなっている【垂木あらわし天井】の存在感と
1階の窓から空間全体へのぼっていく光に
全身が包まれるような
不思議な感覚を体感できます


奥に見えるグレーのところが
カウンターキッチン↓

倉敷市に建築中の注文住宅、

木があふれる空間に
あえてモルタルのグレーを取り入れ
左官さんに荒くかっこよく仕上げてもらいました

94

その奥にさりげなく佇む
大きくて一体感のある背面収納↓

キッチンの背面収納は木のあたたかみを感じられる造作家具

こちらはオーダーメイドで
職人さんに作ってもらった家具です(/・ω・)/
レトロでナチュラルな雰囲気♪


LDKの他にもこだわりが満載!
キッチン横の和室がこんなことにっ↓

和紙を貼ったオリジナルの建具が上品な和室

宙に浮いているような押入れ=吊り押入れの、
目に飛び込んでくる珍しい青色は
京都から取り寄せた和紙を貼ったもの

和紙を貼ったオリジナル木製建具

↑LDKと仕切る襖にも同じ和紙を貼っています
襖も畳も縁(フチ)をなくし
全体的になめらかな印象で
癒される和室に仕上がりました(*´ω`*)


和室以外の個室も完成!

個室はシンプルな内装でまとめられ落ち着く空間に

すっきりシンプルに見える秘密は
2個前のブログ「木工事と巾木の世界」でお伝えした
巾木(はばき)がポイントとなっています!


大工さんが木工事で取り付けた
この巾木に↓
大工さんの仕事が光る木工事

ボードをのせて
壁紙などの仕上げをすると

こうなります↓

巾木をスッキリと見せる底目巾木

77

華奢でさりげない!!(‘Д’)
少し浮いて見える繊細さが
空間をシンプルに見せているんですねぇ
奥が深いですねぇ


さて次はいよいよ
お楽しみの2階へあがってみたいと思います

倉敷市に建築中の注文住宅、渡り廊下がダイナミックな吹き抜け

シュン(瞬間移動した音)

倉敷市に建築中の注文住宅、渡り廊下の迫力

シュタッ(着地した音)
左は腰のあたりまである手摺
右は足を投げ出して座れば机として使えます♪
(小さい子は落ちないように注意が必要!)


床はスノコのようになってて
高所が平気な私は
下がチラチラ見えるのが
アトラクションみたいで楽しい♪

渡り廊下はつり橋のように隙間が開いています

さらに余裕がある方は
大工さんのこういう細かい仕事にも注目して
先へ進みましょう↓

大工さんの腕が光る、細かい技の効いた木工事

全体をパッと見て「なんかキレイ」と思ったら
あっなるほど、こういう仕事が生きてるんだ!と、
まるでミステリーを解き明かすように
見ていくのがオススメです(・∀・)b

大工さんの腕が光る、細かい技の効いた木工事

歩いていった先
つきあたりに珍しいカタチのドアが出現↓

注目すると楽しい!職人さんの腕が光る細部

このドアもよーく見ると
建具職人さんの技を発見↓

なめらかにドアが閉まるように細工されている変わったカタチの木製建具

いつものドアにはない
ななめに削った後が!(^ω^)
この斜めのおかげで開け閉めがスムーズ♪


そんなドアの向こうには
隠れ家のような書斎スペースがドーン↓

倉敷市に建築中の注文住宅、

棚がいっぱーい(/・∀・)/

屋根の勾配が楽しい書斎の壁面は一面本棚

屋根裏みたい!
秘密基地みたい!
いま話題のテレワーク(在宅勤務)にも使えるし
めっちゃ憧れるー(*´Д`)イイナー

倉敷市に建築中の注文住宅、大きな窓からの光が心地いいLDK

内部はあと
照明器具・設備器具を付けたりして完成です


一方、外はというと
外構工事がすでに始まっています!

倉敷市に建築中の注文住宅、存在感のある寄棟屋根の平屋

ここで重大発表\( ‘Д’)/

なななんと!
12月初旬頃に、完全予約制の見学会を予定しております!
詳細が決まり次第イベント情報などで告知しますので
お楽しみにーーー\( ‘Д’)/


「垂木あらわし天井の家」の記事をもっと見る