二連奏の家blog

edit background


前回のブログでは天井に注目しましたが
またまた珍しい仕上げの天井を発見w(゚o゚)w

27

大工さんの手仕事とは思えない
きれいなアールの天井です(*´ω`*)

30

2階の天井も
絶妙なアーチを描いています↓

36

そのアーチの角度を出すために
大工さんが試行錯誤した図↓

28

天井紹介、ラストは主寝室↓

26

(置いてあるボードが、まるでベットみたいになってる)

31

こう、ちょっと凹んでて、くいっと中に入ってて・・・
んーなんていうか、、、
私の語彙力では説明できませんなー(・∀・)ハハハハハハ


ご主人こだわりの書斎スペースを仕上げて
大工さんによる木工事は終了となりました↓

32

大工の渋谷さん
お疲れさまでした!


HK(話は変わって)
岡山市のオシャレタウン 問屋町にあるキッチンメーカー
サクラボさんのオーダーキッチンの設置が完了しました

35

背面収納もセットで↓

34

見よっ
この天板の薄さっ↓

33

この薄さがスタイリッシュさを醸し出すポイント☆


いよいよお次は
大変貌を遂げる仕上げ工事!
タイル、室内塗装、外壁塗装、クロス工事などが始まります

29



edit background


切妻屋根の二連奏の家
続々と木工事が進んでおります!


1階のLDK天井↓

19

野縁と呼ばれる天井板をはるための細い部材が
規則正しく並んでいます


つづきましてこちらが2階の天井↓

22

17

1階とは野縁が全然違うのがおわかりでしょうか??
2階の天井は屋根の勾配を利用した船底天井!
屋根裏がない分、天井を高くとることができるメリットと
屋根裏がない分、屋根から直に熱を室内に溜めてしまうという
デメリットがありますが・・・
そのデメリットは断熱性能のいい吹付断熱でクリアしました(^∀^)/



外から見た切妻屋根↓

14

ここではシュッとした庇(ひさし)に注目!
(※庇とは窓の上にある小さな屋根)
なかなか鋭角な庇ですな(・ω・)フムフム
かわいさの中にシャープな一面も持ち合わせてますな(・ω・)フムフム


他にも面白い仕掛けがあります↓

24

この大工さんの車が入ってるガレージ部分は
上部右半分が収納になってます

23

入口はガレージ奥のここ↓

25

キャンプ用品や車用品、
さらには防災用品などを入れるのにいいかもー(゚∇^d) ピッタリカモー


しかしまぁ
ほんとに暑い(;´Д`A 

13

1日中現場で作業をする大工さんたちの必需品はこれ↓

18

塩分チャージタブレッツ!
今年はスーパーやコンビニなどでもよく見かけますよね~


タブレットで簡単に塩分摂取!
そして水分をこまめにとる!
そしておやつはかき氷ヾ(〃^∇^)ノ

15

昔ながらのレモンのかき氷♪


日陰でみんなで食べるこの時間は
最高の癒しタイムです

16

シャクシャクシャクシャク
(かき氷を削る音)



20

木工事はお盆明けまでつづきます(=´Д`=)ゞ


edit background


倉敷市に建築がスタートした
二連奏の家(にれんそうのいえ)

天気が心配されましたが
なんとか雨はふらず
曇り空の涼しい上棟となりました(*´∀`*)ソヨヨー


棟梁は写真左側の渋谷さん↓

1

大工さん同士のこういう会話の瞬間って
カッコイイですよねー(・∀・)ネー


上棟の見どころの1つ
こちらの大工さんがつけている垂木(たるき)という木材↓

3

垂木がかかると屋根のカタチがあらわれて
一気に家っぽくなるんですが
その垂木をとめる専用のながーいビス↓

9

その名もタルキック!
長さなんと18センチ!


こんなに長いんですよ?!↓

12

私がやったら途中でグギッってなりそう・・・(@Д@;


1つ1つ、1本1本
大工さんが丁寧に仕上げた垂木がこちら↓

2

7

んーきれい!
一気に屋根のカタチが出て
テンション上がりますヾ(*゚Д゚)人(*゚д゚)ノ


引きで見るとこんな感じ↓

10

連なる切妻屋根がカッコイイィィィィ(゚∇゚ノノ”
(手前にいる紅白の服装の人は現場監督の仲間さん)


翌日が雨ということで
ブルーシートで養生をして
この日はおしまい~

6

8

お施主様ご家族のもっているほのぼのとした空気感に
現場があたたかくつつまれているような
そんな1日に思えました


完成は冬頃♪
楽しい家づくり目指して
やるぞ、やるぞ、やるぞー!(ミヤゾン風)