二連奏の家blog

edit background


倉敷市に建築がスタートした
二連奏の家(にれんそうのいえ)

天気が心配されましたが
なんとか雨はふらず
曇り空の涼しい上棟となりました(*´∀`*)ソヨヨー


棟梁は写真左側の渋谷さん↓

1

大工さん同士のこういう会話の瞬間って
カッコイイですよねー(・∀・)ネー


上棟の見どころの1つ
こちらの大工さんがつけている垂木(たるき)という木材↓

3

垂木がかかると屋根のカタチがあらわれて
一気に家っぽくなるんですが
その垂木をとめる専用のながーいビス↓

9

その名もタルキック!
長さなんと18センチ!


こんなに長いんですよ?!↓

12

私がやったら途中でグギッってなりそう・・・(@Д@;


1つ1つ、1本1本
大工さんが丁寧に仕上げた垂木がこちら↓

2

7

んーきれい!
一気に屋根のカタチが出て
テンション上がりますヾ(*゚Д゚)人(*゚д゚)ノ


引きで見るとこんな感じ↓

10

連なる切妻屋根がカッコイイィィィィ(゚∇゚ノノ”
(手前にいる紅白の服装の人は現場監督の仲間さん)


翌日が雨ということで
ブルーシートで養生をして
この日はおしまい~

6

8

お施主様ご家族のもっているほのぼのとした空気感に
現場があたたかくつつまれているような
そんな1日に思えました


完成は冬頃♪
楽しい家づくり目指して
やるぞ、やるぞ、やるぞー!(ミヤゾン風)