ガーネット エントランスblog

フラット玄関・タイル・2Fリビング・北欧ヴィンテージ家具・照明
建築地:岡山市南区

edit background


岡山市南区に建築中の
ガーネットエントランス

なにやらすごい天井が
できてると聞いてやってきましたが
一体どういうことでしょうか・・・
さっそく調査開始です!

と思ったらいきなり発見ーーー((((((ノ゚⊿゚)ノ


30

うぉぉおおおΣ(・ω・ノ)ノ

31

うぉぉおおおΣ(・ω・ノ)ノ 2回目

こ、これは
まるで船底をひっくり返したかのような
カタチに見えることでその名が付いた
船底天井じゃありませんか!

28

この大迫力の天井があるのは
2FのLDK部分!

屋根の勾配をいかした
勾配天井や船底天井などを楽しめるのは
2Fリビングのメリットの1つですよねー♪
(もちろん平屋でもできます)

いやー素晴らしい
いい写真が撮れたなー
さて、帰ろうかな
と、思ったその時ー!

「せーーのっ」

21

なななんと
梁をかけはじめたじゃありませんかっΣ(゚д゚) 

真ん中にあった柱に
大きな梁をわたしていきます↓

27

さらに同じ梁を
隣にガシャーーン↓

22

柱と梁をボンドでしっかりくっつけて↓

20

両端はでっかいねじで固定していきます↓

24

手のひらサイズのこちらは
六角(ろっかく)コーチスクリューという名前↓

29

いかにも頑丈そうです・・・

26

六角コーチスクリューとタルキックを使って
しっかりしっかり固定して
これで完成です\(^▽^)/

34

船底天井に大きな梁がかかり
さらに迫力を増したLDK
今後のボードはりや仕上げ工事風景も
すごく楽しみ♪♪


それから、タイトルにもなっている玄関も
少しづつできてきてます↓

23

広々とした
贅沢な奥行のあるフラット玄関♪

18

17

もう少し夏の木工事が続きます


edit background


雲一つない青空の6月某日
岡山市南区に建築がスタートした
ガーネットエントランス

タイトルについては
またのちほど解説するとして・・・

1

なんといってもこの日差しですよ↓

7

もーーあついのなんのって\(;゚∇゚)/
陰がない足場の上に立ってると
まるで鉄板焼き状態!
焼けるような暑さ!!
ジリジリ焼かれているような暑さ!!
(暑い暑いしつこい)


肝心の住宅はというと
まずこちらを見よっ↓

8

柱が2重になっているのわかりますか?(・∀・)
これは壁をふかす(前に出す)ために
少し厚みをつけています

この写真がわかりやすい↓

14

この厚みが外観のポイントになります☆
全貌をお楽しみに☆


「うわっ」
「こわっ」と独り言をいいながら撮った
屋根の上にいる大工さんたち↓

6

10

上棟は何度も見ているはずなのに
いまだにヒヤヒヤするなー(・ω・;)


この屋根のカタチが
少し特殊な切妻で
大工さんたち苦労していました・・・

5

2

11

お楽しみの3時休憩には
夏の上棟恒例
小野田さんの私物ドリンクバーが出現↓

3

氷を山ほどいれてキンキンに冷やしたお茶!
うはー幸せー!さいこー!!


そのほかにも凍ったペットボトル各種と
お施主様からの差し入れなど
豪華なラインナップ↓

12

炭酸もいいけど甘いから喉かわくかなぁ
これちょっとしかとけてないからこっちにしようかなぁ
ってゆるーい会話をしながらほっと一息♪


いっぽう棟梁の竹本さんは
屋根のことで打合せ↓

13

職人さんの手ってカッコイイから
つい写真撮ってしまいます(*´∀`*)


そんな休憩時間中の屋根の上は
誰もいないから時間がとまったみたいに静かで不思議

4

ん?!
なんか視線を感じるぞΣ(゚д゚) 


とおそるおそる振り向くと・・・

15

ギロッっと
クレーンの目がこっちを見ているみたい(^w^)
クレーンも1日動きっぱなしでお疲れ様ですね♪


その後は垂木や野地板をのせて
この日の上棟はおわりました

9

ガーネットエントランスは
深い紅色を基調にした
今までにない雰囲気の玄関(エントランス)と
タイル・北欧家具・照明など
見どころ満載のデザイン注文住宅です

完成はいまとは真逆の真冬頃の予定♪
引き続きお楽しみにー(=´ω`=)ノ