帰りたい家blog

西日本豪雨被災住宅のリフォーム
建築地:倉敷市真備町

edit background


西日本豪雨の浸水による復旧工事が
至る所で行われている倉敷市真備町

先日の彩園を楽しむ平屋 建築ブログでは
同じ真備町のおうちでも
解体→更地→建替え工事スタート
のようすをお伝えしましたが、

今回のブログでは
昔イチエ建匠で新築をさせて頂いたおうちの
一部解体→消毒→リフォーム工事
という内容になります

~~~~~~~~~~~

まず取りかかったのは片付けと解体工事!
なるべく費用がかからないように
お施主様ご家族とボランティアの皆さんの協力によって
迅速に行われました

そして次の工程は消毒!
業者さんによる
家丸ごとの消毒作業が行われました↓

1

少し白っぽくなっているのが乾いた消毒液です


そしてそれを1カ月~3か月ほどかけて
じっくりしっかり乾かします

3

間取りはそのままですが
お施主様のご要望で大きく変更したところは「断熱材」です(・ω・)b

以前はマット状のものでしたが
せっかくやり直すならと
断熱性能の高い吹付断熱を選択されました!

吹付を施工するため2階の天井も解体しました↓

2

まさにスケルトン状態!


そして大工さんによる木工事がごそごそと続き・・・
この5月で木工事が完了しました↓

11

広いLDKー\(^▽^)/


今はキッチンや内装などの
仕上げ工事の真っ最中です

4

6

2階の窓ガラスに
消毒をした後が残っていました↓

9

これらの汚れは最後の最後に
美装工事で全部きれいにしてもらうので
ご安心くださいねっ(=´▽`=)

13

外壁は高圧洗浄できれいにしてもらったそうです

まるで吹付をやり直したみたいに
きれいになってます↓

12

北側からの外観も
のびやかでかっこいいなー↓

8

「帰りたい家」
そのタイトルどおり
お施主様はこのおうちでの暮らしがとても好きで
「またこの家で暮らしたい」
という想いを
イチエスタッフにお話ししてくださいました

いよいよお引越しまで1カ月を切り
工事はラストスパートです

みんなで力を合わせて
がんばろう岡山ヽ(^▽^)人(^▽^)ノ