アニモ・ミュージアムblog

アニモ・ミュージアム
(有森裕子資料館)
住所:岡山市北区原1196-1

edit background


さかのぼること20年
新築をさせていただいた
アニモ・ミュージアム

このたびメンテナンス工事をさせていただきました

1

か~わいい~エントランスヽ(=´∀`=)ノ

芝生がフサフサ、緑がもりもり
いろんなお花がたくさん咲いてて
まるでジブリにでてきそう(*´Д`*)キューン


アニモ・ミュージアムとは
岡山県を代表するマラソン選手の
有森裕子さんの資料館です

5

アリモリミュージアムじゃなくて、
なぜアニモなんですか?
という疑問を、資料館を管理・運営されている
お母様へ伺うと・・・


バルセロナオリンピックでのできごと
外国の方が大半を占める沿道で
「アニモ!アニモ!」という声援が聞こえました

6

それが有森さんのあだ名の「ありも」「あんも」に聞こえ
なんで自分のあだ名を知っているんだろう・・・
と不思議に思いながらも、その声援が嬉しく
元気が出た有森さんは見事2位でゴール!
銀メダルを獲得しました!!

大会が終わって気付いたそうですが
アニモとはスペイン語で「頑張れ」という意味だったそうです

素敵なエピソードじゃー(*´ω`*)

3

輝かしい銀メダルを獲得した有森さんでしたが
その後はスランプに悩まされ、
苦悩する日々が続きますが
再び立ち上がり、オリンピック出場を目指します

その後の選考レースで優秀な成績をのこし
アトランタオリンピックのマラソン代表に選出され
みごと3位、銅メダルを獲得しました

7

有名なインタビューのセリフ
「初めて自分で自分をほめてあげたい」
という言葉は
今まで自分を律し続けた有森さんだからこそ
出た言葉なんだろうなと
私は思いました

4

有森裕子さんの美しさ中にある強さ
歩んだ道のり、栄光と苦悩、
そして国際ボランティアとしての活動など
さまざまな有森さんの姿を見ることができるこの資料館は
有森さんのお母様の手によって運営・管理されています

2

地域の方の交流の場としても活用されていて
たくさんの方が訪れ
ポカポカひだまりのようにあたたかく
ほっとする憩いの場所

11

9

12

アニモ・ミュージアム
(有森裕子資料館)
住所:岡山市北区原1196-1
営業日はお電話にてお問い合わせください

お越しの際は、素敵なお庭や
かわいい三角屋根にもご注目ください(o^∀^o)ノ