バッハウスblog

edit background


外観が特徴的な総社のバッハウス
ついに建物が完成しました~~~ヽ(=´▽`=)ノ

それでは完成ブログ恒例の
見どころをご紹介していきましょう~♪


まずは贅沢に空間をとったエントランスホール!

総社市の注文住宅、タイルを贅沢に貼った外観が特徴です

赤茶のタイルと木製のドア、枠、ブラインドなど
あたたかい色味でお客様を迎えるホールです
お気に入りのスツールや照明を置いたりして
インテリアを楽しめます(o^∇^o)ノ


そしてガラス戸から中へ入ると・・・

総社市の注文住宅、タイルを贅沢に貼った外観が特徴です

LDKがドーンと広がりますヽ( ̄∇ ̄)ノ


天井にあるのは格子をはめた天窓↓

総社市の注文住宅、タイルを贅沢に貼った外観が特徴です

優しく光をとり入れます


キッチンもシンプルに↓

総社市の注文住宅、タイルを贅沢に貼った外観が特徴です

背面収納には建具をつけて生活感をシャットアウトッ


そして~
キッチンの近くに設けた酒庫(しゅこ)は
こんな仕上がりになりました↓

総社市の注文住宅、タイルを贅沢に貼った外観が特徴です

倒れないように細かく設計されています
お酒好きにはたまりませんねぇ(・∀・)


あとは2階の個室にのぼる階段↓

総社市の注文住宅、タイルを贅沢に貼った外観が特徴です

登りやすいように、段差が緩い設計です


最後に外観を!

総社市の注文住宅、タイルを贅沢に貼った外観が特徴です

イチエ建匠おなじみのタイルを贅沢に貼っていて
さらにドイツ屋根がチョコンとのって
とてもかわいい仕上がりでございますねぇ(*´ε` *)ベリーキューティー



さて、お次は外構工事です
全貌をお楽しみにっヽ(´▽`)/



edit background

総社市のバッハウス
お引渡しまであと少し・・・

毎日いろんな業者さんや職人さんが入っていますが
この日は建具屋さん(^▽^)/

19

正面の壁にはタイルを贅沢に貼り
さらにきれいな木目の玄関扉がつきます(・ω・)bグッ
手前の階段のタイルもかわいい色です(・ω・)bグッ


室内は建具屋さんが3名作業中の為
ダンボールがいっぱい(ノ´▽`)ノ

24

夏の日差しと真っ白の壁のコントラストがさわやかだな~と
私は写真を撮ってて思いましたねぇ。ハイ


さて、ここでご主人こだわりポイントをご紹介↓

25

こちらはただの収納ではなく、酒庫(しゅこ)!
お酒をたくさん集めておられるので
専用の収納庫をLDK近くに造りました!
これからさらに仕切りなどがついていきます
完成をお楽しみに☆


そして~
2階はこんなに広い個室が完成!

22

大きなウォークインクローゼットも完備です↓

21


最後に
ドイツ屋根が連なる外観↓

26

色味とタイルがめちゃめちゃ合ってる!


仕上げ工事のあとはお引渡し、
そして外構工事へと続きます(*`д´)b

edit background


ドイツ屋根が
その姿をあらわしました
日本風にいうと半切妻屋根(はんきりづまやね)


まずは、普段なかなか見れない
真上からのショットをどうぞ↓

10

どうですか!
この急こう配!!


さ・ら・に
そんな急こう配の屋根で作業する
板金のけんちゃん↓

11

ひぇー((((((ノ゚⊿゚)ノ
斜めの足場ーーー((((((ノ゚⊿゚)ノ


他にもこんな足場が↓

12

途中で道がなくなってるー!
むこうに行くにはジャンプするしかないΣ(゚д゚)マリオカッ


あとは、突然半分の幅になるところ↓

18

いろんな足場のトラップがあって
しっかり確認してから先に進まないといけません(^▽^;)


さて、足場の紹介はこれくらいにして
肝心のドイツ屋根の部分を↓

17

このチョコンと折れているところが
ドイツ破風(はふ)とよばれる部分です

猫でいうと
スコティッシュホールドみたいな感じでしょうか?(=´▽`=)ニャー

真正面からだとこんな風に見えます↓

16

切妻屋根のシャープさよりも
ドイツ屋は少し優しく、かわいらしく感じます


そして中は大工さんによる木工事中!

13

大工さんいわく
総社は風が抜けて涼しい。とのこと
ほんとに玄関から風が抜けて中は快適です(´∀`)


階段もついていました↓

15

リビングには大きい天窓が↓

14

この天窓は
オシャレな仕上げをするそうですよ(* ̄∇ ̄*)ムフ


タイルを貼った玄関、北欧の照明や飾り天窓など
見どころの仕上げ工事が間もなく始まります
お楽しみにっ♪

 

edit background

ポカポカ陽気だった3月の19日

綿密な打ち合わせを重ね、挑んだこの「バッハウス」
ついに上棟を迎えましたヽ(=´▽`=)ノ

2

バッハウスってなんなん?(゚д゚)キョトーン

って思ったそこのあなた!
そう焦らなくても、真実は逃げたりしません( ̄▽+ ̄)
↓ゆっくり上棟のようすをご覧あれっ

3

細ながーい敷地(全長45m)に
アプローチも入れると全長27mの建物!


ながーい1階に、2階がちょこんとのった
かわいらしいデザインに仕上がります

5

屋根は急こう配でメリハリを!
最近では珍しいドイツ屋根で仕上げちゃいますヘ(゚∀゚*)ノ
(またの名をはかま腰屋根、半切妻屋根という)


ドイツといえば、
有名な作曲家バッハの出身地であり、
美術と建築の学校バウハウスがあった国。
(バウハウスとはドイツ語で「建築の家」という意味)

そのドイツを代表する2つからニュアンスをもらい
バッハウスというタイトルをつけさせて頂きました(*´∀`*)

6

↑下から見た屋根
知恵の輪みたいに複雑です・・・(´ω`)チンプンカンプン


特殊な敷地・形状ですので
大工さん、なんと総勢11名!

8
7

すばやい大工さんたちのおかげで
明るいうちに棟木と垂木が並び
きれいな屋根の形状を拝むことができました
お疲れ様でした


最後に・・・
総社宮さんに用意していただいた
珍しい五色布↓

9

東、西、南、北、中央と
四方の神さまに敬意をあらわし
工事の安全をねがう。
という意味があります


こちらのバッハウス
ドイツ屋根+急こう配+狭所作業と、
いつにも増して安全な作業がもとめられます
関係者のみなさま、どうかご安全に!
最後までよろしくお願い致します