野菊の見える家blog

edit background

東屋の仕上げとして
のれんをご注文頂きました

色味にこだわり
色々な方へ相談をして
たどり着いたのが【京染め】ののれんでした
百聞は一見にしかず
写真を見て頂きましょう

この色の名前、みなさんわかりますか?
昔から使われている日本らしい濃い赤色
臙脂色(えんじいろ)です(´∀`)

京都の職人さんと直接やり取りをし
色見本を送ってもらったりして
この色に決まりました

そして一番大事なところ
お施主様ご夫婦の似顔絵!
のれん職人さんによるものでも
似顔絵屋さんの描いたものでもないんです!

小学生のお孫さんが描いた似顔絵なんです!!!!!
優しそうなご夫婦の笑顔・・・
それを描くお孫さん・・・
想像したら涙腺が・・・(´ノω;`)

さぁ、世界に一つののれんをかけて
東屋 完成です!

edit background

離れと蔵のリノベーションが終わり
続いては蔵の横にある
東屋(あずまや)に手を入れます

↓元々あった東屋はこうでした

この天井の高さを利用して
目隠しの壁などを施しました

↓施工後

な、なんだか豪華でかっこよくなりました(*゚Д゚*)

近づくと風にのって木のいい匂いがします(´∀`)

この日は大工さんが最後の仕上げ中!
↓丁寧に紙やすりでツルツルにしていきます

↑ここの名称は大工さんいわく
【さじ面】という面取りの一種の変化形だそうです
さじ(スプーン)でくり抜いたようだから【さじ面】
勉強になりますねー(´▽`人)

↓中に入るとこんな感じ

お隣さんから見えるこの2面だけ
目隠しを付けました
一番上の段にはステンレスで
和テイストな模様を入れています

日陰に心地いい風がふいて
涼しくてつい長居をしてしまいます・・・zzz

↑休憩中の大工さん

10人は入れる広さの東屋
ここでBBQなんて最高です(ノ≧▽≦)ノ

さてこの「野菊の見える家」
本宅と離れ、蔵に東屋と建築もすごいんですが
庭園も素晴らしいんです・・・

↓すずらん

↓鯉の子供?

↓門の横にある大きな松

↓すっごく甘くておいしいさくらんぼ♪

思わずたくさん写真を撮ってしまいました・・・

東屋と庭園がひとつになって
ますます素敵な空間になりました
ありがとうございました

edit background

黄色い野菊が揺れる 百間川沿い

本家の敷地内に昔からある離れと蔵を
夫婦が過ごす住宅にリノベーションしました

↓玄関<施工前>

↓玄関<施工後>

西向きの玄関なので軒を深く出しており
アアルトの照明がキラーンとお出迎え(☆´3`)

扉を開けると
木製建具とタイルでナチュラルな仕上がり
格子の窓からはあたたかい日差しが足元を照らします

そして室内へと進みます・・・

↓施工前

↓施工後

自然の光がいっぱいに入り
気持ちのいいリビングになりました

光を取り込む窓は
木製ブラインドとレースカーテンの組み合わせ

↓もうひとつの窓は障子風です

キッチンはモダン!
ペンダントがふわっと浮いているようです

↑このキッチンの色
紫に青が入ってるような深い色ですが
色の名前を錆桔梗(さびききょう)と言います
奥様が紫がお好きなのでこのお色になりました
名前も色も素敵です(人´3`*)

そして最後に外観へ~

↓施工前

↓施工後

外壁は吹付をしていますが
↓よーく見ると梁や軒下はそのままです

道路から見えるところも
きれいになりました

↓施工前

↓施工後

風情そのままに
離れと蔵のリノベーション
無事完成しました